ここから本文です

巨人・内海が4敗目 7月12日以来の黒星 「終盤が課題」

デイリースポーツ 8月17日(水)22時37分配信

 「中日3-1巨人」(17日、ナゴヤドーム)

 巨人・内海哲也投手が先発し、7回1/32失点で7月12日以来の4敗目を喫した。

 初回に2死一、三塁の場面を迎えたが、平田を遊ゴロ併殺打に打ち取り、ピンチを脱出。その後はテンポのいい投球で終盤まで試合を作った。

 だが、七回に1点を失うと、八回に先頭の堂上に中前打を許し、杉山の犠打で無死二塁となったところで降板。結果的に残した走者がその後の失点につながり、「いつも終盤が課題。七、八回に先頭を出さなければ違ったはず」と唇をかんだ。

最終更新:8月17日(水)22時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。