ここから本文です

「炎炎ノ消防隊」4巻発売、恒例の帯キャラクターには「進撃」のエレンが登場

コミックナタリー 8月17日(水)23時27分配信

大久保篤「炎炎ノ消防隊」の4巻が、本日8月17日に発売された。

「炎炎ノ消防隊」の舞台は人間が突如として炎の怪物“焔ビト”となり、破壊の限りを尽くす人体発火現象に怯える東京。自ら発火を起こし、自在に操れる第三世代能力者のシンラは特殊消防隊に入隊し、世界を襲う炎の謎に立ち向かっていく。同作は週刊少年マガジン(講談社)にて連載中。

1巻の帯には大久保の前作「ソウルイーター」のマカとソウル、2巻の帯には荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」の八軒、3巻の帯には鈴木央「七つの大罪」のメリオダスとホークと、各巻の帯に他作品のキャラクターが登場している「炎炎ノ消防隊」。4巻の帯では諫山創「進撃の巨人」のエレンと超大型巨人が「炎炎ノ消防隊」にエールを送った。

最終更新:8月17日(水)23時27分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。