ここから本文です

伊調馨、五輪4連覇へあと1勝 決勝に進出し銀以上確定

デイリースポーツ 8月18日(木)1時31分配信

 「リオ五輪・レスリング女子フリースタイル58キロ級・準々決勝」(17日、カリオカアリーナ)

 女子の個人種目では初となる五輪4連覇が懸かる伊調馨(32)=ALSOK=が準決勝でユリア・ラトケビッチ(アゼルバイジャン)に10-0でテクニカルフォール勝ちし、決勝に進んだ。銀メダル以上が確定し、2004年のアテネ、2008年の北京、2012年のロンドンに続く4大会連続金メダルに、あと1勝と迫った。

 第1ピリオドで相手を圧倒した。バックをとって2ポイントを先制すると、その後は相手の体を回転させてポイントを重ね、10-0で圧勝した。

 初戦となる2回戦は、マルワ・アメリ(チュニジア)に11-0でテクニカルフォール勝ち。準々決勝はエリフジャレ・エシリルマク(トルコ)に3-1で判定勝ちし、準決勝に進んでいた。

最終更新:8月18日(木)8時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]