ここから本文です

【MLB】ヤンキース、N.イオバルディが右ひじ故障 2017年シーズン全休へ

ISM 8月17日(水)12時8分配信

 ニューヨーク・ヤンキースの先発右腕ネーサン・イオバルディ投手が現地16日、右ひじの故障により今季残りの試合と2017年シーズンを全休する見通しとなった。

 イオバルディは10日のボストン・レッドソックス戦に先発登板するも、右ひじの違和感を訴えてわずか1イニングを投げたのみで降板。その後受けたMRI検査によって同個所の屈筋腱と内側側副靱帯の損傷が明らかになった。

 イオバルディは「検査の結果を聞いた時はとても驚いた」とコメント。高校時代にもトミー・ジョン手術を経験しており、今回自身2度目の手術を受けることになったが「手術によってすべてうまくいくことを願っている。戻ってくるために頑張るよ」と前向きに語った。

 26歳の右腕は今季、24試合(うち先発21試合)に登板し、9勝8敗、防御率4.76を記録。メジャー6年間で38勝46敗、防御率4.21の通算成績を残している。(STATS-AP)

最終更新:8月17日(水)12時8分

ISM

スポーツナビ 野球情報