ここから本文です

哀川翔、年内解散のSMAPに持論「空白が仲を埋めることもある」

オリコン 8月17日(水)12時57分配信

 俳優の哀川翔が17日、都内で行われた“つくっている私がすき!”おかずクラブが『おうちクラブ』結成!お披露目会見に出席。年内解散を発表したSMAPについて、1984年~1989年まで一世風靡セピアとして活動していた哀川は「うちもグループだったから、解散はしょうがない。解散した後にどうなっていくかが大事だよ」と持論を語った。

【動画】おかずクラブ「リアル職人」電ノコ体験

 SMAPが25年続いたことに「すごいよ。俺らは5年しかやっていない」といい、解散に至った問題については「部外者は入れない。でも、急に仲良くなったりもするし、俺も同窓会でケンカしてたやつとあったら超仲良くなった。空白が仲を埋めることもある」とコメントした。

 昨年大みそか放送の日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』内で、中居正広とキスをしたオカリナは「びっくりしました。(事前に)知っててもおかしくないのに知らなかった」と驚き。ゆいPいわく、中居からは「会う度に『まだ死んでなかったんだ』って言われる。いい関係築いていますよ」とアピールし、笑わせていた。

 同会見では、建設業における女性活躍応援キャンペーンとして、おかずクラブ、デニスの植野行雄、マテンロウのアントニー、鬼越トマホークが「おうちクラブ」を結成したと発表した。そのほか、ゲストとして西方凌が出席。司会はあべこうじが務めた。

最終更新:8月18日(木)11時15分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。