ここから本文です

上白石萌歌、姉・萌音より「まっすぐなアンを」 東京公演が開幕

オリコン 8月17日(水)14時41分配信

 女優の上白石萌歌(かみしらいし・もか)、演歌歌手のさくらまやが17日、都内で行われたミュージカル『赤毛のアン』取材会に出席した。

【写真】演歌歌手・さくらまやと共演

 主人公アン・シャーリーを演じる上白石は、2011年『第7回東宝シンデレラオーディション』のグランプリを最年少で受賞。姉は女優の上白石萌音(かみしらいし・もね)で、昨年同ミュージカルでアン役を演じている。

 姉からのバトンを受け継ぐ形で主演に抜てきされた上白石は「姉から毎日にようにアドバイスをもらっている」と明かしつつ、「まったく違うものになっている。姉のいい部分を少しずつもらいながら自分の演じたいように工夫している。姉よりもまっすぐなアンを演じたい」と意気込んだ。2年連続でアンの友人ダイアナ・バリーを演じるさくらは姉妹の違いについて「基本的には全然違うアンだけど、ふとした瞬間に言い方とかが似ているので懐かしい」と語った。

 北海道・東北公演を経て、この日東京公演が開幕となる。上白石は「ドキドキ、わくわくです。ついに東京に来たとすごく緊張しています」と素直な心境を吐露。見どころは「全部と言っていい。まばたきをしないで観てほしい」と呼びかけ、「みんなで作品を作り上げるのが楽しかった。千秋楽を考えると泣きそうになる。最後まで走っていきたい」と誓った。

 同ミュージカルは東京公演後、大宮、名古屋、広島、福岡、大阪を回る。

最終更新:8月17日(水)16時13分

オリコン