ここから本文です

豊川悦司、鶴橋康夫監督の熱血指導に苦笑「応援しています」

オリコン 8月17日(水)17時2分配信

 俳優の豊川悦司(54)が17日、都内で行われた映画『後妻業の女』(27日公開)美魔女イベントに出席。同作でメガホンをとった鶴橋康夫監督(76)が、会場に集まった50名の“美魔女”に作品の魅力を伝えたあと、突然始まった鶴橋監督による合唱指導に苦笑しつつ、あたたかく見守っていた。

【写真】大竹しのぶもびっくり?突然始まった鶴橋監督の合唱指導

 鶴橋監督は、現場でも時折やっていたという「ド・ミ・ソをやろう」と提案し、観客を音階でわけてハモらせると、「そのあと、『海は~広いな~』って歌って」と指導。演出のように力が入った鶴橋監督から、「きみは何もしていないな」と役割を与えられそうになった豊川は「僕は応援しています」と笑顔でかわし、息のあった歌声を聴いて「同窓会みたいになっていますね」と笑っていた。

 同作は、直木賞作家・黒川博行氏のベストセラー小説を映画化。独り身の高齢男性の後妻におさまりその資産を狙う女を中心に、欲にとりつかれた人々が織り成す群像劇。“後妻業のエース”を演じた大竹しのぶ(59)は「愛とお金、どっちが大事かって難しい問題だけれど、いくつになっても愛を信じて生きていきたいと教えてくれる映画です」とアピールしていた。

最終更新:8月17日(水)21時43分

オリコン