ここから本文です

コロチキ、卓球男子代表に「さぁ」ポーズ期待

オリコン 8月17日(水)18時47分配信

 お笑いコンビのコロコロチキチキペッパーズが17日、都内で行われた体感型ドラムエンターテインメント『ドラムストラック』東京公演初日前の囲み取材に出席。優勝した『キングオブコント2015』で、卓球ネタを披露していたことにちなみ「卓球の男子団体が、リオ五輪で銀メダル以上確定ということで、今度また決勝戦があるので、点を取った時に『さぁ!』のポーズをやってほしいですね」と大舞台でのお披露目に期待を寄せた。

【写真】『ドラムストラック』キャストも登場

 リオ五輪の反響について話題が及ぶと、ナダルはその芸名から“テニス”の際に自身のツイッター上にコメントが殺到したそうで「錦織圭選手が、3位決定戦でナダル選手と戦った時に『負けてくれ』っていうのがいっぱい来て、めっちゃイジられましたよ」とポツリ。「でも、顔は錦織選手に似ているので、ちょっと説明する時にややこしいことになりました」との苦労を明かしていた。

 同公演は、アフリカのジャンベというドラムが客席に用意され、観客がそれを叩いてパフォーマンスに参加するという会場一体型のエンターテインメント。東京・天王州銀河劇場で、28日まで上演される。

最終更新:8月17日(水)19時15分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。