ここから本文です

滝クリ、リオ五輪メダリストと夢の共演 フジスポーツ番組初MC

オリコン 8月17日(水)11時30分配信

 フリーアナウンサーの滝川クリステルが、22日に生放送されるフジテレビ系『リオデジャネイロオリンピック2016総集編~夢と感動をありがとう!メダリスト大感謝祭SP~』(後7:00)で、同局スポーツ番組初MCを務めることがわかった。番組では熱戦を繰り広げているリオデジャネイロオリンピックの活躍選手が一同に集結。いよいよリオから2020年の東京オリンピック・パラリンピックへとバトンが渡される時に、招致決定の立役者となった滝川がメダルに隠された「あ・り・が・と・う」の心をひもとき、歴史が動いたオリンピックの名場面をメダリストたちと生放送で振り返っていく。

 前回のロンドン五輪で日本代表が獲得したメダル総数は史上最多の38個だが、今回のリオ五輪でも連日、それに勝るとも劣らないメダルラッシュが日本中を沸かせている。その興奮冷めやらぬまま、いよいよ、東京五輪への4年間が始まろうとしている。滝川は「アルゼンチンのブエノスアイレスでプレゼンテーションをさせていただいてから、あっという間に3年が経ち、ついに、日本にオリンピック・パラリンピックのバトンが渡されるんだということを実感しました」としみじみ。「あらためて身が引き締まる思いになったというところが正直な気持ちです」と心境を明かした。

 番組では「リオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得した選手たちが集結し、歓喜や希望に満ちたスタジオ展開になることは間違いないと思います」とメダリストとの夢の共演を心待ちにし、「選手たちへの感謝とともに、新たなる戦いへのエールをこの番組でしっかりと送れたら」と意気込み。

 リオ五輪中継プロデューサー・加納慎介氏は「放送日である22日(日本時間)は、リオ五輪閉会式の式典でリオデジャネイロから次の開催都市である東京に、オリンピック旗が引き継がれる特別な日でもあります。東京にとって、そして日本にとって特別な日にメダリストをおもてなしする最適任者は、滝川クリステルさんしかいないと思っています」と起用理由を説明。「スタジオに生出演してくださるリオ五輪メダリストにさまざまなおもてなしを用意したい」と予告している。

 この他、ゲストとして三代目 J Soul Brothersの岩田剛典、EXILEの関口メンディー、TETSUYA、AKIRA、カンニング竹山、岡田圭右(ますだおかだ)、澤部佑(ハライチ)も出演予定。

最終更新:8月17日(水)19時42分

オリコン