ここから本文です

ジャニーズWEST・濱田崇裕、先輩・横山裕と映画共演「とてもうれしい」

オリコン 8月18日(木)6時0分配信

 アイドルグループ・ジャニーズWESTの濱田崇裕が佐々木蔵之介、関ジャニ∞・横山裕のW主演映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(2017年1月28日公開)で映画初出演を果たすことがわかった。関西テレビ系レギュラー番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週水曜 0:25)で横山とともに発表した濱田は「とてもうれしいです。横山くんは初めての映画出演で緊張している僕に、撮影の合間に何度も話かけてくださったり、僕がクランクインの時も記念に写真を撮ってくださったり、何かと気にかけてくださいました」と信頼を寄せた。

 同映画は黒川博行氏の第151回直木賞受賞作『破門』を原作に、イケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と、弁は立つが“ぐーたらビンボー”な建設コンサルタントの二宮啓之(横山)が、映画製作出資金を持ち逃げしたプロデューサー・小清水(橋爪功)を追って大阪、関西、マカオを舞台に奔走。ハチャメチャ追走劇が大トラブルに発展していく。このほか北川景子、國村隼、矢本悠馬、橋本マナミ、中村ゆり、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童らが脇を固める。

 桑原の弟分・木下を演じることとなった濱田は「佐々木さんと一緒のシーンが多かったんです。大乱闘のアクションシーンもあって、そこは普段の僕ではない、『男、木下』っていう感じです(笑)」と新境地に手応え。「笑いもある映画なので、多くの人たちに見ていただきたいと思っています」とアピールしている。

 小林聖太郎監督は、濱田の印象について「衣装・小道具合わせが初対面でしたが『めっちゃ緊張してます』と話す姿が新鮮でした」と振り返り、「常に全力で吸収しようとする姿は好感がもてるとともに、木下という役にダブって見えました」とコメントしている。

最終更新:8月18日(木)6時0分

オリコン