ここから本文です

モノブライト、10年目で初セルフカバー 桃野陽介「絶対的自信確信」

オリコン 8月17日(水)18時0分配信

 デビュー10年目に突入したロックバンド・モノブライトが、これまでに発表してきた楽曲をリアレンジした初のセルフカバーアルバム『VerSus』を10月12日に発売することが明らかになった。

モノブライトの主な作品一覧

 デビュー曲「未完成ライオット」(2007年7月発売)をはじめ、大泉洋主演映画『アフタースクール』(08年公開)の主題歌「あの透明感と少年」、吉高由里子主演映画『婚前特急』(11年公開)の主題歌「DANCING BABE」など全6曲がリアレンジされ収められる。

 ボーカルの桃野陽介は「今が一番面白いと思うから、まだやってないことをやりたい。今が一番面白いと思うから、昔の曲をやっても新しく聴こえるんじゃないか。僕らのデビューシングル『未完成ライオット』を今やったら完成しちゃうんじゃないかという、絶対的自信確信から生まれた作品」と説明。「温故知新アルバムをぜひ、楽しみにお待ちください!」と呼びかけている。

■モノブライト『VerSus』収録曲
・「未完成ライオット」(07年7月発売)
・「デイドリームネイション」(07年10月発売)
・「あの透明感と少年」(08年5月発売)
・「踊る脳」(09年4月発売)
・「COME TOGETHER」(11年3月発売)
・「DANCING BABE」(11年3月発売)
※曲順は未定

最終更新:8月17日(水)18時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。