ここから本文です

復活『ラブベリー』専属モデルに人気アイドル起用 HKT48なこみく、エビ中りったんら

オリコン 8月19日(金)7時0分配信

 2012年3月に休刊し、昨年12月に3年9ヶ月ぶりに復活した女子中高生向けファッション誌『LOVE berry(ラブベリー)』(徳間書店)の専属モデルとして、HKT48の矢吹奈子(15)・田中美久(14)、私立恵比寿中学の中山莉子(15)ら人気アイドルが起用されたことが18日、わかった。

【写真】エビ中やマジパンも…キュートな“ラブモ”を公開

 同誌は昨年12月にムック本として単発で復活し、今年4月に第2弾を発売。ここでの好評を受けて、今月20日発売の第3弾から隔月で発行されることが決定した。表紙にも登場する中山は「じつはすぐ緊張しちゃうタイプで、撮影のたびにたくさんの人がいてドキドキしているんだけど、なんとかかわいい姿をみなさんにお届けできるように頑張ります!」と意気込んでいる。

 矢吹も「専属モデルとしてほかのモデルさんたちに負けないくらい、かわいくなれるように頑張ります!」と気合を込め、「ラブベリーの読者の皆さんにHKT48のコンサートにもぜひ遊びに来てほしいので、HKTもなこ自身も、もっともっと知っていただけるように努力します!!」とグループもアピール。田中も「ファッションもコスメも大好きなので、専属モデルとしてラブベリーをたくさんの方に見てもらえるように、楽しみながら頑張ります」とコメントを寄せた。

 そのほか、Dream5の大原優乃(16)も専属モデルに抜てき。また、専属ではないがマジカルパンチラインの佐藤麗奈(17)や、わーすたの三品瑠香(15)なども登場する。

最終更新:8月19日(金)7時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。