ここから本文です

エイジアプロモーションがセルフィーオーディション開催 話題のアプリ『egg』とコラボ

オリコン 8月17日(水)19時37分配信

 モデルの益若つばさや近藤千尋が所属する芸能事務所のエイジアプロモーションが、自撮り動画アプリ『egg』を利用したオーディション「selfie audition2016」を開催することが17日、わかった。グランプリは同社にタレントとして所属でき、賞金100万円も用意される。

【写真】将来は益若つばさ? エイジアプロモーションの主な所属モデル

 被写体を動物などに変身させるユニークな3Dマスクや、顔の動きを的確にとらえて様々なアクションが起きるフィルターなどで、これまでにない自撮り動画を楽しめると若い女性に人気のアプリと、話題のモデルを擁する事務所がコラボレートし、新時代のスターを発掘する。オーディションへの参加は、『egg』の専用フィルターでセルフィー(自撮り)を撮ってLINEで送るだけ、と今の時代らしいフォーマットになっている。

 オーディションプロデューサーの藤原将来氏は、ORICON STYLEの取材に対し「いかにかわいくセルフィーで撮れるかを競うように様々なアプリが存在してきたのはつい最近の出来事です。そんな女子の『かわいい』探求心は果てしなく、今では実物よりも盛れる写真が多く存在するのが事実です」と最近のセルフィー事情を解説。また、SNSの普及により「実際にかわいいかどうかよりも、いかに自分をかわいく、自分のチャームポイントをより良く見せることができるか、つまり自己プロデュース能力の高さが今後のエンタメ業界を牽引していく人材ではないかと考えています」と語る。

 そんな状況の中、セルフィーによるオーディションの開催について「従来の形式では中々光の届かなかった方々に対して、少しでも多くのチャンスとアピールができる場を提供し、光り輝くダイヤの原石を探し出すことが最大の目的」であると力説。参加のハードルを下げて『egg』を使用することで「自己プロデュース能力に長けている人材を発掘できれば成功と言えるのではないか、と考えております」とオーディションの狙いを明かした。

 応募資格は、10~24歳の女性で特定のプロダクションやレコード会社に所属・契約していないこと。『egg』セルフィーでの1次審査、2次のウェブ書類審査、3次の面接審査を経て、11月に実施される4次審査でグランプリを選出する。応募期間はあす18日から今月31日まで。審査員特別賞には「KANSAI COLLECTION」への出演権など、グランプリ以外にも豪華特典を予定している。

最終更新:8月18日(木)7時59分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。