ここから本文です

『スーサイド・スクワッド』サントラ入り特別映像 クールな音楽に悪党もノリノリ

オリコン 8月17日(水)20時34分配信

 DCコミックスの悪役(ヴィラン)たちが勢ぞろいする映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)のサントラ入り特別映像が17日、解禁された。

【動画】悪役たちが大暴れ『スーサイド・スクワッド』予告編

 同作は、世界中で最も知られているスーパーヒーローのバットマンやスーパーマンによって投獄された悪役(ヴィラン)たちが、減刑と引き換えに命の保障のない危険なミッションに挑むアクション大作。

 特別映像は、昨年発売した『Blurryface』で初の全米1位を獲得したバンド、トゥエンティ・ワン・パイロッツの新曲「ヒーサンズ」が流れるなか、悪党たちが酒を飲み交わすところからスタートする。

 乾杯で重なるグラスの音と曲がマッチし、ウィル・スミス演じる伝説の暗殺者・デッドショットの「俺たちは悪党だ」というセリフも、深みある曲と相まって意味深な言葉に聞こえてくる。

 中盤からは、スクリレックスとリック・ロスがタッグを組んだ「パープル・ランボルギーニ」が流れ、悪党たちのド派手なアクションシーンが登場。ハリウッドデビューを果たした福原かれん演じる女サムライ・カタナが、冷静な刀さばきで敵を切り捨てる様子も映し出され、最後はノリノリのテンポに合わせたハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)が、お尻を振りながら立ち去る姿で締めくくられる。

 監督のデヴィッド・エアーは「魅力的な音楽と映画が組み合わさることによって、映画そのものを別のレベルに上げてくれた。そんな魔法が起こっている。僕は音楽好きな人もがっかりさせないように曲を選んでいるよ」とコメントをしている。

■映画『スーサイド・スクワッド』サントラ入り特別映像
https://www.youtube.com/watch?v=faYTI2AS7S4

最終更新:8月17日(水)20時34分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。