ここから本文です

松嶋菜々子、菅野美穂と16年ぶり共演 2期連続でドラマ出演

オリコン 8月18日(木)6時0分配信

 女優の松嶋菜々子が10月スタートのTBS系連続ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(毎週金曜 後10:00)に出演することがわかった。主演の菅野美穂とは同局『100年の物語』(2000年)以来16年ぶりに共演となり、現在、主演しているフジテレビ系『営業部長 吉良奈津子』から2期続けての連ドラ出演となる。松嶋は菅野演じる平凡な主婦を恐怖に陥れる“最凶の隣人”佐々木弓子役に挑戦する。

菅野美穂は産後初の連ドラ主演 役どころは

 憧れのタワーマンションで新生活を始めた主人公・高野亜紀(菅野)はある日、自宅でフラワーアレンジメント教室を営む隣人・弓子(松嶋)と出会う。誰にでも優しく上品な弓子と打ち解ける亜紀だったが、弓子には知られざる裏の顔があった。弓子は周囲のタワマン主婦たちの“虚栄心”“嫉妬”など、闇の感情を巧みにあやつることで、亜紀をマンション内から孤立させていく。一方、世間では連続誘拐事件が発生し、その犯人像と弓子に共通点が浮かび上がる…というストーリー。

 現在、『吉良奈津子』では仕事と家庭に揺れる勝ち気な女性を爽やかに演じているが、同ドラマでは完全オリジナルサスペンスで主人公を不気味に監視する謎の女役というギャップもみどころになりそう。松嶋は「サスペンスにおける怪しさは映像でのみせ方だと思うので、塚原(あゆ子)監督に委ねながら一緒に作り上げていきたいと思います」と信頼を寄せる。

 また、久々の共演となる菅野との“熱演バトル”にも期待がかかるが「今回は、しっかりと対峙する役どころなので今からご一緒できるのを楽しみにしています」と心待ちにしている。

最終更新:8月18日(木)6時0分

オリコン