ここから本文です

ドレスコーズ志磨遼平、毛皮のマリーズの楽曲を再録音 『溺れるナイフ』主題歌

オリコン 8月18日(木)21時0分配信

 志磨遼平のソロプロジェクト・ドレスコーズが、志磨が在籍していたバンド・毛皮のマリーズの楽曲「コミック・ジェネレイション」を再録し、映画『溺れるナイフ』(11月5日公開)の主題歌に起用されたことが17日、わかった。

【動画】映画『溺れるナイフ』WEB限定特報

 同作は、ジョージ朝倉氏原作の人気漫画を若手女性監督の山戸結希氏が映画化。ヒロイン・望月夏芽を小松菜奈、夏芽が引かれるコウこと長谷川航一朗を菅田将暉が演じ、気高く危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描く。志磨は気鋭フォトグラファーであり、映像クリエイターの広能役で映画初出演を果たす。

 山戸監督作品『おとぎ話みたい』(13年)に衝撃を受けたという志磨は「その監督自ら今作『溺れるナイフ』への出演オファーをいただいて断る理由はありませんでした。これがぼくの初演技となります。ご笑納ください」とコメントし、毛皮のマリーズの曲を再録音したことに「昔のぼくはあまりに傲慢で、自分以外の誰のためにも歌ってはいない。今作に寄り添うことが出来ているかはなはだ不安です、と正直に伝え、監督との相談の末にこのたびの再演奏・再録音を行いました」と説明。

 「これは『溺れるナイフ』という夢、その中で暮らす夏芽とコウちゃんのためだけに演奏した(つまり自分以外のために演奏する、初めての)“コミック・ジェネレイション”です。たった一度の録音とたった一度の初演技を、ぼくはこの作品に捧げます」と思い入れを語り、「ドレスコーズ/毛皮のマリーズ 志磨遼平」としてコメントを結んでいる。

 同曲は、映画『GANTZ:O』(10月14日公開)の主題歌となった「人間ビデオ」とW主題歌シングルとして10月12日に発売する。

最終更新:8月18日(木)21時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。