ここから本文です

ビリー・コーガン「オリジナル・メンバーでの再結成、まだそこまで至っていない」

BARKS 8月19日(金)12時26分配信

スマッシング・パンプキンズが2017年にオリジナル・メンバーで再結成するとの噂が流れたが、ビリー・コーガンは、彼らとの関係が復活したのは事実だが、現時点ではまだ一緒にプレイするまでには至っていないとのコメントを出した。

◆ビリー・コーガン画像

コーガンは火曜日(8月16日)、スマッシング・パンプキンズのFacebookにメッセージ映像を投稿し、数週間前、自分が「2017年に大きなことを計画している」と発言したためにスマッシング・パンプキンズがオリジナル・メンバーでリユニオンするとの噂が流れたが、そうは言っておらず「はっきりさせておかなくてはならない」と、現状についてこう説明した。

「なにかが起きているのは確かだ。でも、それは話す価値があるとは思えないタイプのものだった。公的というより私的なことなんだ」「僕ら、また連絡を取り合うようになった。16,17年ぶりに初めてダーシーと話をするようになった。友人達が戻って来たのは素晴らしいことだよ。僕らは全員、連絡を取り合っている」

「連絡を取り合い、関係がまた良くなり、いいヴァイブなら、当然のこと、本人、それに周りの人達は“再結成するのか?”って思い始める。(でも)僕らは、そこに至っていない。それっていいことだよ。僕らは急いでないんだ。修繕しなきゃいけないこともあるし、どんなことができるか見極めなきゃならない」

「僕らは、大金が積まれたからプレイするなんてことに興味ない。もちろん、ビジネスは大切だが、このバンドはそれが目的じゃない」「もし、バンドがまたステージに立つとしたら、それは音楽のためだって、僕は断言できる。ファンが、そして僕らが愛する音楽をプレイするためだ」

スマッシング・パンプキンズの最新ツアーには、その前同様、ジミー・チェンバレン(Dr)が参加。ジェームス・イハ(G)が1公演でゲスト出演していた。

コーガンは過度な期待をせぬよう先制したが、ここまで来たらリユニオンするのは時間の問題ではないかとの希望的観測はぬぐいきれない。

Ako Suzuki

最終更新:8月19日(金)12時26分

BARKS