ここから本文です

アリス・イン・チェインズ「ようやくアクセルに会えた」

BARKS 8月19日(金)12時26分配信

6月終わり、アリス・イン・チェインズのウィリアム・デュヴァール(Vo・G)は、4月に2公演、6月にスタートしたツアー(最初の5公演)でもオープニング・アクトを務めているにもかかわらず、まだガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズに会っていない、会いたいと話していたが、その発言のすぐ後、彼らが参加する最後の公演でようやくご対面できたそうだ。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ+アリス・イン・チェインズ画像

デュヴァールは、シアトルのラジオ局KISW 99.9のインタビューでこう明かした。「彼らのスタジアム・ツアーに参加したとき、どの街に行っても訊かれることがあった。(地元の)ラジオ局と話すと、“アクセルには会った? アクセルには会ったか?”って訊かれたよ。俺ら、会ってなかった。だから、“まだだ。会いたい”って答えてたんだ。そしてようやく、シカゴでの最後の公演(7月3日)で、彼がちょっとしたパーティーを開き、僕も行ったんだ。彼はすごくくつろいでいた。ホントに素晴らしかったよ」

デュヴァールは、アクセルについて「間違いなく、独特なヴァイブ、不思議な魅力を持つ。それってクールだ」と称えた。

ガンズ・アンド・ローゼズの<Not In This Lifetime…>北米スタジアム・ツアーは8月22日に終了。11月に南米をまわり、その後、1月に日本に上陸することが発表された。

Ako Suzuki

最終更新:8月19日(金)12時26分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。