ここから本文です

日弁連が8月20日に「児童扶養手当ホットライン」、貧困問題に取り組む弁護士が対応

弁護士ドットコム 8/17(水) 9:59配信

日本弁護士連合会は8月20日に、「児童扶養手当ホットライン」として、ひとりで子どもを養育している親に向けた無料の電話相談を実施する。

電話相談では、女性と子どもの貧困問題に取り組む弁護士が対応する。自分には児童扶養手当を受ける資格があるのか、手続きはどう進めればいいのかなど、児童扶養手当の受給に関するさまざまな疑問に答える。

これまで実施したホットラインでは、「離婚調停中で1年以上別居しているが、離婚していないと受給できないのか」「未婚のまま子どもを出産したけど、受給できるのか」といった相談事例が寄せられた。

日弁連貧困問題対策本部委員の岩重佳治弁護士は、こうしたケースでも「受給が認められる場合がある」と述べる。「ひとりで悩まず、気軽に電話をかけてほしい」とホットラインの利用を呼びかけていた。

ホットラインは、8月20日(土)の10時から20時まで実施。電話番号は0120-470-210。

http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2016/160820.html

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:8/17(水) 9:59

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。