ここから本文です

尊厳死を望む母の想い描く『92歳のパリジェンヌ』、元仏首相の母がモチーフ

CINRA.NET 8月17日(水)13時41分配信

映画『92歳のパリジェンヌ』が10月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

【もっと大きな画像を見る】

6月に開催された『フランス映画祭2016』で最高賞である観客賞を受賞した同作。かつては助産婦として活躍し、現在は1人で穏やかな老後を送るマドレーヌが、92歳の誕生日会の席で2か月後に自身の手で人生を終わらせると宣言したことから展開される家族の物語を描く。

周囲に迷惑をかける前に、自分の人生に幕を下ろす決意をするマドレーヌ役を演じるのはマルト・ヴィラロンガ。母を説得するうちに彼女の生き方や強さに心を動かされる娘役を映画監督としても活動するサンドリーヌ・ボネールが演じる。なお同作は、元フランス首相リオネル・ジョスパンの妹で作家のノエル・シャトレが、自らの母をモチーフに描いた『最期の教え』を原案としている。

CINRA.NET

最終更新:8月17日(水)13時41分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。