ここから本文です

クマに襲われ女性従業員死亡 車で巡回中 群馬サファリ

上毛新聞 8月17日(水)6時0分配信

 16日午後1時10分ごろ、群馬県富岡市岡本の「群馬サファリパーク」で、専用の軽乗用車で動物を監視していた従業員の斎藤清美さん(46)=同市上小林=が、ツキノワグマに襲われた。斎藤さんは左脇腹や胸をかまれ、ドクターヘリで前橋市の前橋赤十字病院に運ばれたが、午後3時半すぎに出血性ショックで死亡した。富岡署が詳しい状況や原因を調べている。

 同署や同パークによると、襲ったのは放し飼いにされている5歳の雄で、体重約110キロ、体長約1.7メートル。事故が起きたのはツキノワグマとシカ、サルを展示飼育する「日本ゾーン」。事故当時、同区域にはクマ4頭がいて、斎藤さんは軽乗用車で見学客の安全確認などをする業務に1人で当たっていたという。

 同署によると、監視車両の運転席側の窓中央部に横向きに取り付けられていた1本のステンレス製パイプ(直径2センチ)が外れていた。窓は開いており、クマがパイプを壊し、車内に入ったとみられる。

 約20分間隔で運転していた園内の見学バス運転手が、斎藤さんの監視車にクマが侵入しているのを発見し、緊急通報。駆け付けた従業員がクマを追い払い、斎藤さんを管理事務所まで運び、119番通報した。

 事故を受け、サファリパークは午後3時ごろの見学バスを最後に閉園した。17日も臨時休園する。

 斎藤さんは宮崎県の高校から石川県内の動物飼育専門学校に進学。在学中に飼育員を志し、卒業後、群馬サファリパークに就職した。25年余り勤務し、2014年12月から日本ゾーンの監視を担当していた。

 川上茂久園長(63)は「(斎藤さんは)安全管理に慎重だったので、『なぜ』という思い。従業員に危険はつきものだが、言葉にならない。一層の安全対策を講じていきたい」と肩を落とした。お客様本部の矢島久弥部長(59)は「真面目で明るかった」と人柄をしのび、「あってはならないことが起き、残念でならない」と涙ぐみながら話した。

 富岡甘楽広域消防本部によると、救急隊員が到着した時、斎藤さんは心肺停止状態。救急車でパーク第2駐車場まで運び、午後2時すぎ、ドクターヘリで病院に搬送した。

 同パークは1979年開園。約100種、1000頭を飼育し、園内を客がマイカーやバスで巡り見学する。97年8月には車外に出た夫婦がトラに全身をかまれ死亡した。2010年12月にはバス運転手が水牛に襲われ重傷を負った。

 今回の事故について栃木県でツキノワグマ2頭を飼育する動物園の担当者は「園にいるクマは人に慣れており、襲うことはほとんどない」と話す。その上で、クマが強い力を持っていることに注意し、「鍵や格子の細かい点検が重要だ」と指摘した。

最終更新:8月17日(水)6時0分

上毛新聞