ここから本文です

<甲子園>花咲徳栄、好右腕攻略へ一丸 8強懸け、17日作新学院戦

埼玉新聞 8月17日(水)3時40分配信

 樟南(鹿児島)に6―3で逆転勝ちを収めた2回戦から一夜明け、作新学院(栃木)との3回戦を翌日に控えたチームは16日、兵庫県西宮市の津門中央公園野球場で午前11時から2時間の練習を行った。

【写真特集】徳栄、8強懸け3回戦 写真で振り返る埼玉大会からの記録

 投手陣は1、2回戦で完投した高橋昂のみノースロー調整。塚原トレーニングコーチと念入りに体重移動を確認した。本多、綱脇、清水の3人はブルペンでそれぞれ20~30球を投げ込んだ後、ストレッチなどで意欲的に汗を流した。

 野手はシートノックとフリー打撃。近距離の手投げと高速スライダーに設定したマシンの2カ所で行ったフリー打撃では作新学院・今井の速球を意識したコンパクトなスイングを徹底。学生コーチの富永は「大振りしたら当たらない。最短距離で」と指示を出した。

 岩井監督は「まず警戒するのはピッチャー(今井)。2番手も悪くないと聞いている」と表情を引き締め、主将の岡崎は「戦ってきた中で直球のスピードは一番。楽しみにする選手も多い」と好右腕との対戦に胸を高鳴らせた。

最終更新:8月17日(水)3時40分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]