ここから本文です

【ブラジル】ポケモンGOの最中に 川に落ちて男児が死亡

サンパウロ新聞 8/17(水) 6:45配信

 南部リオ・グランデ・ド・スル州沿岸地域のインベー市で8日午後、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」で遊んでいた9歳の男児が川でおぼれて死亡する事故が起きた。

 同ゲームは全地球測位システム(GPS)機能を使ってポケモンのキャラクター(モンスター)を捕まえるゲーム。米国や日本などに続き、ブラジルでも今月3日に配信が始まった。

 9日付伯メディアによれば、死亡した男児とその友人の2人が同市内のトラマンダイー川で地元の漁師が使うボートに乗って同ゲームをしていた時に船がひっくり返った。友人は泳いで岸に着くことができたが、男児は川に沈んだという。男児は捜索開始から5時間後の同日午後8時ごろ遺体で発見された。インベーの文民警察が事故原因を捜査している。

サンパウロ新聞

最終更新:8/17(水) 6:45

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。