ここから本文です

子どもの「長所を100個書き出す」ことで親子関係が変化する

ベネッセ 教育情報サイト 8/17(水) 12:01配信

「ムリ!」「あるわけない!」と、「子どもの『長所を100個書き出す』」というタイトルを見ただけで、いきなり、思考がシャットダウンしたかたはいらっしゃいませんか。「長所を100個書き出す」というチャレンジは、私のコーチング講座ではもう10年近くやっていることで、コツをつかめば、そんなに難しいことではありません。やってみると、ほとんどのかたが達成されます。
一生のうちに一度でもいいので、ぜひ挑戦していただきたいとオススメしています。親子関係がガラリと変わるのです。子どものやる気も高まるのです。

100個書くと何が起きるのか?

実は、この「100個リストアップ」、最初は、自分自身の長所を書き出すチャレンジとしてやってもらっていました。その結果、ほとんど無自覚だった自分の長所が増えていくことから、「なんだか、うちの子のよいところも自然と見えるようになってきました」と、ある時一人の保護者のかたがおっしゃったのです。そして、「家で、中1の息子とも一緒にやってみようと思います」と宣言して帰られました。

次の講座の時に、早速、報告がありました。
「『これ、お母さんの宿題だから、あなたも一緒にやらない?』と言って、一緒にやってみました。息子も最初は、『100個もムリ!』と言っていましたが、『こういうところもあるよね』『これもよいところだよね』と言って書いているうちに、お互いにだんだん楽しくなってきて、ゲーム感覚で、2人とも100個挙げたら、とても達成感がありました。
それで、『こんなによいところがあったら、何でもできそうだね!』って息子も言い出して、以前より前向きになった気がします。何より、私の息子を見る目が本当に変わりました。『こんなにすばらしい子なんだから、何があってもこの子は大丈夫だ!』と信じられるようになったんです。よいところもたくさんあったのに、今まで、ダメなところばかり見つけては指摘していたなあと思うと、『ごめんね』っていう気持ちです」。

リストアップによって、長所を自覚し、自分で自分を認められるようになると、お子さんに対する見方も自然と肯定的なものに変わっていきます。すると、お子さんに対する接し方も自ずと肯定的なものになり、お子さんの気持ちも意欲的に変わっていくのです。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 12:01

ベネッセ 教育情報サイト