ここから本文です

【リオ五輪】「無駄な質問」内村擁護のベルニャエフ 金メダルに日本からも「おめでとう」

BuzzFeed Japan 8月17日(水)8時29分配信

リオ五輪体操男子の種目別決勝が17日に行われ、平行棒ではウクライナのオレグ・べルニャエフが16.041点で金メダルに輝いた。内村を擁護する発言をしたことでも話題となったベルニャエフ。日本からも祝福の声が上がった。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

ベルニェエフの母国ウクライナでは体操競技への支援は少なく、器具は壊れ、床を修理する金もないという厳しい環境で連取を積んできた。そんな困難にも負けず、ウクライナに初の金をもたらしただけに、メダルはなお輝きを増す。

「金メダルを取ることは夢でした。昨日は眠れなくて今日の競技が心配だったけど、今は安心してます」

メダルのプレゼンターはウクライナ出身で、ソビエト連邦時代にソウル五輪の棒高跳びで金メダルを獲得したセルゲイ・ブブカ。「ウクライナの英雄だし、本当にうれしい」と喜んだ。

個人総合で日本の内村航平と0.099差の銀と接戦を演じたが、試合後は内村をすぐに祝福。「彼は体操の王様なんだ」と尊敬の念を示した。

メダリスト会見では、逆転を決めた鉄棒の点数について、記者から内村に「審判から好意的に見られていて、良い点が取れているのでは」と意地の悪い質問が飛ぶと「どんな選手も点数はフェアにつけられている。航平さんはキャリアの中でいつも高い点数を取っている。無駄な質問だと思う」と内村びいきとの見方を一蹴した。

スポーツマンシップあふれる態度は世界中から喝采を浴び、日本でも「かっこよすぎる」「ありがとう」など感謝の声が寄せられていた。

それだけにベルニャエフの金メダルが決まると「ベルニャエフ君おめでとう!!」「ベルニャエフ金取って良かったなぁ…」などSNS上には祝福の声が数多く上がり、Yahooのリアルタイム検索の上位にも名前が上がっていた。

日本人の心をもつかんだベルニャエフ。内村からもその才能を高く評価されており、4年後の東京五輪での活躍も楽しみだ。

最終更新:8月17日(水)10時31分

BuzzFeed Japan