ここから本文です

女子14歳以下は伊藤汐里、12歳以下は古賀彩花が全国初タイトル [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8/17(水) 8:00配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会9日目は、14歳以下男女シングルスと12歳以下男女単複の各決勝が靱テニスセンターで行われた。

12歳以下はジョーンズが単複2冠、14歳以下は第1シードの小柴が優勝 [全日本ジュニアU12&U14/男子]

     ◇   ◇   ◇

 14歳以下女子シングルス決勝は、第7シードの伊藤汐里(関東/グリーンテニスプラザ)が第8シードの松田絵理香(関東/SSAレニックス)を6-1 6-3で破り、全国大会初優勝を果たした。

 昨年の全国選抜ジュニア、全国小学生大会、全日本ジュニアで優勝し、12歳以下の3冠を達成している松田に対して、1歳年上の伊藤は「年上だから負けられない意地があった」と明かし、「今日はそれを強く持って試合に入ったのが、結果につながったと思う」と試合後に話した。

「しっかり我慢するところは我慢して、打ちにいくときはコースがばれないようにしっかり打つ」と自分に言い聞かせた伊藤は、準決勝と同様に武器であるフォアハンドで積極的に攻め、松田の粘りを振り切った。

 伊藤は決勝の相手である松田を「粘り強い選手。自分も焦らず我慢しないといけない相手」と語っていたが、今日は終わってみれば6-1 6-3。予想していた以上に一方的なスコアになった。

 一方、松田は自身の決勝のプレーについて「セカンドサーブになってリターンでたたかれたり、クロスラリーから先にストレートに展開されたりして、自分のプレーに迷いが出てしまった」と分析した。この大会の準決勝までは接戦になっても攻守をうまく切り替えて自分の展開に持ち込んで勝ち上がってきたが、決勝ではそれができなかった。

「ポイントが競った中でも相手はきわどいところに打ち込んできたけど、自分はそれができなかった。決め急ぎやショットのミスが多かった」と反省の言葉が続いたが、実は松田は7月の関東ジュニアで右足首を捻挫、今大会では腹筋も痛めて万全なコンディションではなく、それも思い切り動けない要因のひとつになっていた。

 全国選抜ジュニアではともに1回戦で敗れた伊藤と松田が、成長を示して決勝進出。ワールドジュニアに出場した日本代表やアメリカ遠征で今大会に出場していない選手もいることから、「上の選手たちを倒さないと、まだ日本一になったとはいえない」と伊藤はきっぱりと言う。

 全国初タイトルを獲得した“挑戦者”が、14歳以下トップ争いに名乗りを上げ、次なる全国大会ではさらにレベルの高い優勝争いが繰り広げられることになりそうだ。

     ◇   ◇   ◇

 12歳以下女子シングルス決勝では、第3シードの古賀彩花(関東/吉田記念テニス研修センター)がノーシードの光崎澪(東海/h2エリートTA)を6-0 6-1で破って優勝した。

 快勝で全国初タイトルを獲得した古賀は「自分から打っていけたし、自分のプレーができた」と笑顔。目指す選手に、鉄壁のストローク力を持つアンジェリック・ケルバー(ドイツ)の名前を挙げる古賀は、「自分のプレーはあまり変えずに、オープニングの早いミスを少なくしていけたら」と、今後取り組んでいきたい課題について語った。

(テニスマガジン/ライター◎田辺由紀子)

最終更新:8/17(水) 8:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]