ここから本文です

ボルボ初のミリオンセラーモデル「140シリーズ」が発売から50年

オートックワン 8/17(水) 17:40配信

ボルボ初のミリオンセラーモデルである「140」は、1966年8月17日に発表され今日で50年を迎える。8年間で約125万台を生産、ボルボを自動車メーカーとして飛躍的に成長させるきっかけとなった。

>> 【フォトギャラリー】ボルボ「140」の歴史を画像で辿る

1960年コンセプトが決定

1960年6月、ボルボはCEOのグナー・エンゲロー氏のディレクションの元、新しいモデルの基本的なコンセプトを決定した。それは、P660というプロジェクト名が示すように、「アマゾン」よりも大きいサイズでありながら、重量と価格帯を維持し、厳しい安全基準を満たした上で4~5人を快適に運ぶ車だった。従来モデルである「PV544」や「アマゾン」と同じホイールベースを採用したが、「アマゾン」が開発された時とは異なり、複数の異なるシャシーバージョンが開発当初から計画されていた。

1966年の「144」の発表、その時起こった出来事とは

「144」は、偶然にも現地で起こったある事件の犯人を警察が追跡する騒動の最中に発表された。1966年8月17日、スウェーデン・イェーテボリ中心街のホテル、ローレンズバーグのホールに、およそ400人ものジャーナリストが集まった。そこでホールの可動壁が開き、3台の新しい車が発表された。それまで数年に渡って噂が流れ、待ちかねていたプレス関係者が目にしたのはシンプルで飾らない、そしてモダンなデザインの車だった。「144」は、この印象深いアンベールと同時進行で、オスロ、コペンハーゲン、そしてヘルシンキでも発表された。

イェーテボリのプレス発表会で使用された車両は巨大な木箱に隠され、クレーンで会場に搬入された。当然ながら、新車発表会ということで全体の手順は可能な限り秘密にされていたが、それが困難となってしまう。警官を殺害した2人の犯人を捕らえるために、大規模な捜索が行われていたためだ。全国的に警戒体制がしかれる中で木箱が会場に運び込まれた。実はその時、警察は「2人の逃亡者が隣の映画館にいる可能性があり、映画館からの退避の必要がある」という機密情報をもっていた、というエピソードが残っている。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 17:40

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。