ここから本文です

田島尚輝がU16制し、綿貫陽介と清水悠太がU18決勝へ [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8月17日(水)8時30分配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)は9日目、靱テニスセンターではU18の単複準決勝とそれ以外の年代(U16、U14、U12)の単複決勝が行われた。

佐藤南帆が3階級目のV、U18は村松と荒川が決勝進出 [全日本ジュニアU16&U18/女子]

 U16の男子シングルスは第1シードの田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)が第11シードの市川泰誠(関西/西宮甲英高)を3-6 6-2 6-3の逆転で下し、U12で優勝した4年前に続き、全日本ジュニア2つ目のタイトルを獲得した。

 U18は第1シードの綿貫陽介(関東/グローバルプロTA)が第3シードの田中優之介(関東/秀明英光高)に4-6 6-2 6-3で逆転勝ち。もう一方の準決勝では第4シードの清水悠太(関西/西宮甲英高)が第12シードの田形諒平(関東/狛江インドアジュニアATPチーム)を6-3 6-4で破り、昨年のU16に続く決勝進出を決めた。

     ◇   ◇   ◇

 田島は相当緊張していたという。決勝で戦う市川は、第4シードの清水一輝(関東/グリーンテニスプラザ)、第2シードの川上倫平(関東/狛江インドアジュニアATPチーム)という上位シード勢を破ってきていた。自分まで負けるわけにはいかない------。責任感にも似たような気分を抱いていたが、それがマイナスに働いたか、第1セットは2度のブレークを許して3-6で失った。

 2度目のブレークとなった第9ゲームはジャッジに猛抗議する出来事のあとのサービスダウンという経緯だっただけに嫌なムードが漂っていたが、「イライラしていてもポイントは戻ってこないので、気持ちを切り替えて次のポイントをどうやって取るかということだけ考えていました」と田島。逆に市川のほうが自身も認める「体力不足、トレーニング不足」が原因で、第2セット以降は集中力が散漫になっていく。アンフォーストエラーが目立ち始め、ダブルフォールトだけを見ても第2セットに4本、第3セットに5本。これでは流れを取り戻すチャンスはつかめなかった。

「ただ返すので精一杯だった」という市川に対し、田島はポイントを締めくくろうと自分からどんどん仕掛けた。左利きの市川に対しては、得意のフォアハンドの逆クロスがあまり有効ではない。いつもよりもダウン・ザ・ラインを多く混ぜ、ウィナーを重ねた。

 U16でこうして第1シードが第1シードらしく締めくくった頃には、外のコートでU18の第1シード綿貫が同じように第1セットを奪われながらインターハイ準優勝の田中からすでに逆転勝ちをおさめていた。

 敗れた田中は、「第1セットは陽介が硬かったと思う。このタイトルをすごい狙ってるっていうのはわかっていました。そこで自分がセットを先に取って……セカンドの始めでもう少しなんとかできればよかったですね」と悔やんだ。第2セットは序盤に綿貫がブレークに成功。そこからは、気迫あふれる綿貫がリードを広げるばかりだった。

 綿貫は2年連続の決勝進出。相手は一つ年下で第4シードの清水で綿貫が優位と見られるが、昨年も本命と見られながら決勝で敗れた苦い経験をしている。今年こそ念願の“全日本”タイトルを手に入れられるのか。昨年U16の決勝で完敗して悔し涙を呑んだ清水も、静かに闘志を燃やしているに違いない。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

最終更新:8月17日(水)8時30分

THE TENNIS DAILY