ここから本文です

常盤貴子、寡黙な現場を共演者に謝罪「感じ悪かったよね」【動画付き】

オリコン 8月17日(水)16時46分配信

(C)ORICON NewS inc.

 女優の常盤貴子(44)が16日、都内で行われた映画『だれかの木琴』(9月10日公開)完成披露プレミア試写会に出席。映画『もう頬づえはつかない』(79年)、『わたしのグランパ』(03年)などを手掛け、女優演出の名手としても知られる東陽一監督(81)の作品に出演し、「夢のようです」と感激していた。

 常盤は「監督に初めてお会いした日に『役作りをしないでください』って言われたのが、うれしくてうれしくて。ちょうど、小津安二郎さんの映画のような芝居に興味を持っていて、その芝居がどういうものか考えていた時期だったので、あの謎の答えが出るかもしれないって思った」と、事前に役を作りこまず臨んだと振り返った。

 しかし、現場では「役柄にあわせて(共演者と)お話しをしないようにして、寡黙にいようと思った」と振り返ると、共演の佐津川愛美(27)は「あえてしゃべらないようにしてらしたんだって、今初めてわかった」と驚き。

 常盤は「感じ悪かったよね、ごめんね。波のある女優だなと思ったよね」と謝罪すると、佐津川は「きょうはいっぱいしゃべってくださって安心した」と笑顔を見せていた。

 同作は、井上荒野氏の小説を映画化。平凡な主婦がストーカーと化す姿を通して、女性が抱く飢餓感や疎外感、それに向き合う男性たちの姿を描くヒューマンドラマ。美容師からの営業メールをきっかけに若い男に執着する主婦を常盤が演じる。

 そのほか、池松壮亮(26)、勝村政信(53)、東監督が出席。常盤をはじめ、出演者に役作りを含めて演出をしなかったという東監督は「4人のいいところ全部出ているので、こんないい俳優に恵まれて幸せでした」と満足げだった。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:8月17日(水)16時46分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。