ここから本文です

佐藤南帆が3階級目のV、U18は村松と荒川が決勝進出 [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8/17(水) 9:00配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)は9日目、靱テニスセンターではU18の単複準決勝とそれ以外の年代(U16、U14、U12)の単複決勝が行われた。

田島尚輝がU16制し、綿貫陽介と清水悠太がU18決勝へ [全日本ジュニアU16&U18/男子]

 U16の女子シングルスは、第1シードの佐藤南帆(関東/有明ジュニアTA)が第4シードの坂詰姫野(北信越/ファーストTA)を6-4 6-2で下し、過去に手にしたU12とU14にもう一つ全日本タイトルを加えた。

 トップ2シードがすでに敗れているU18は、第3シードの村松千裕(関東/吉田記念テニス研修センター)が第12シードの坂田季美佳(関東/山梨学院高)に6-2 6-0と圧勝。第8シードの宮本愛弓(関東/ローズヒルTC)と第9シードの荒川晴菜(関東/吉田記念テニス研修センター)の対決となったトップハーフは、荒川が2-6 7-5 6-0の大逆転勝ちを果たした。

     ◇   ◇   ◇

 年代別の歴代優勝者の中に佐藤の名前は単複2度ずつ出てくるが、坂詰は昨年U14のダブルスで優勝しているものの、シングルスでは決勝に進出したこともなかった。前日に昨年のU14優勝者である川村茉那(関東/CSJ)に勝って初の決勝に駒を進め、それだけでちょっとした「満足感」があったという。それが勝負に多少は影響しただろうか。

 佐藤と坂詰は同じ15歳だが、学年は早生まれの佐藤が一つ上だ。「チャレンジャーの気持ちでやる」と言ってきた佐藤だが、決勝の相手が年下で経験も自分が上という自負となれば、負けられないという思いも多少は出てきたに違いない。

 第1セットは第1ゲームでいきなりブレークに成功した佐藤だが、すぐにブレークバックされて4-4まで競り合った。ともに小柄なせいか相手をループで後ろに追い込んだり、サーブよりもリターンで攻め込むパターンなど似た作戦が多々見られたが、両手打ちの佐藤のほうがよりショットの威力に優れていたようだ。

 第2セットは2度のブレークを果たしたが、「まだ追い上げてこられると思って集中を保てたのがよかった」と佐藤が常に気持ちを引き締めることができたのは、直前のヨーロッパ遠征で「自信があったストロークも全然通用しなくて、自分はまだまだだと思った」からだという。自信喪失を謙虚さへの手がかりとし、プレッシャーも気負いも感じずにU16の一番高いところまでのぼっていった。

     ◇   ◇   ◇

 U18の準決勝は対照的な2試合となった。

 村松が粘りの坂田を寄せつけず、U16で優勝した2年前に続く決勝進出を果たした隣では、15歳で第8シードの宮本が一つ年上で第9シードの荒川を6-2 5-2と、着々と勝利に向かっているように見えた。しかしここから荒川が5ゲーム連取で第2セットを7-5で奪うと、第3セット、宮本は1ゲームも取ることができなかった。結局11ゲームを連取されたが、マッチゲームを迎えるまでの宮本のアグレッシブなプレーの噛み合いぶりを見ている限り、信じられない展開だった。

「荒川さんが負けていても挽回してくるタイプということはわかっていたのに、しっかり決めないといけないところでミスしたりして、どんどん荒川さんのペースにはまってしまいました。もっと攻めるボールの精度を上げるように練習しないと」

 宮本が救われたのは、その直後にダブルスでふたたび荒川と対戦する機会がやってきたことだろう。内藤祐希(関東/TEAM YONEZAWA)との15歳コンビで臨む宮本は、17歳の立山里菜(関東/吉田記念テニス研修センター)と組む荒川に“半分“リベンジ。7-6(7) 7-5で競り勝った。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

最終更新:8/17(水) 9:00

THE TENNIS DAILY