ここから本文です

ロシア軍機、イラン基地からシリアへ出撃 露国防省発表

AFPBB News 8/17(水) 10:26配信

(c)AFPBB News

【8月17日 AFP】ロシア国防省は、イランの空軍基地から出撃したロシア軍機が16日、シリア領内のイスラム過激派に対する空爆を実施したと発表した。ロシアがイランの基地使用を発表したのは今回が初めて。

 シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領を長らく支持するロシアが昨年9月に空爆を開始して以来、シリア以外の基地を使用した空爆の実施を明らかにしたことはなく、今回が初めてのケースとなる。

 同省が発表した声明によると、「16日、(イランの)ハマダン(Hamedan)空軍基地から出撃した長距離爆撃機ツポレフ22M3(Tu-22M3)と戦闘爆撃機スホイ34(Su-34)が、アレッポ(Aleppo)、デリゾール(Deir Ezzor)、イドリブ(Idlib)各県で、『イスラム国(IS)』と(旧アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)の)『シリア征服戦線(Jabhat Fateh al-Sham)』を標的とした空爆を実施した」と発表した。

 この空爆で「兵器や弾薬、燃料が保管された大規模な倉庫5か所」やイスラム過激派の訓練キャンプを破壊したほか、司令部が置かれた施設3か所も標的とされ、「多数の戦闘員」が死亡したという。(c)AFPBB News

最終更新:8/17(水) 10:47

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。