ここから本文です

【MLB】イチロー、主砲負傷で得た出場機会に意欲「できることをやるしかない」

Full-Count 8月17日(水)9時58分配信

主砲スタントンが負傷離脱、9年ぶりプレーオフ進出のカギを握るイチロー

 主砲ジャンカルロ・スタントンが左脚付け根の負傷で故障者リスト(DL)入りしたマーリンズは、第4の外野手イチローを先発起用することになった。メジャー屈指の破壊力を持つスタントンの離脱に伴い、プレーオフ進出を狙うチームは、あらゆるオプションを探ることになるが、当面はイチローの活躍が大きな頼りとなる。球団公式サイトでは「スタントン離脱、挑戦を受けて立つイチロー」と題した記事で、背番号51の現在の心境を伝えている。

イチロー、MLB3000安打の全打球位置イラスト

 メジャー通算3000安打達成に向け、先日まで野球界の注目を一身に浴びていたイチローが、再びスポットライトを浴びている。左脚負傷によりDL入りしたスタントンの代わりに、15日(日本時間16日)から先発出場。記事によれば、イチローは「もちろん、第4の外野手として、必要とされる時に向けて準備はしている。残念ながら、怪我はその1つ。その時のためにしっかり準備しておかなければならない」と、通訳を介して普段からの心構えについて語ったという。

破壊力抜群のスタントンと同じ働きはできないが「できることをやるしかない」

 “スタントンの代役”として先発出場するわけだが、体格もプレースタイルもまったく対極にある2人。それはイチロー自身も十分承知の上で「ジャンカルロ(・スタントン)の代わりに彼がやってきたことを、僕がしましょう、とは言えない。だけど、彼の穴を埋めるために僕ができることをやるしかない」と、主砲不在のチームのために全力を尽くすと誓ったそうだ。

 マッティングリー監督は「18試合連続出場させて(イチローを)疲れ果てさせるつもりはない。休みを与えながら、状態良く保っていくつもりだ」と話しており、このまま全戦スタメン起用はしないことを名言。スタントンは少なくとも6週間は離脱するとの見通しで、チームは8月31日に迫るウェイバー手続きを経るトレード期限前に、新戦力獲得に乗り出すことになりそうだ。だが、1997年以来9年ぶりのプレーオフ進出を目指すマーリンズにとって、今は1試合もおろそかにできない状況が続く。その中で、42歳のベテランがどんな働きで勝利に貢献していけるのか。シーズン終盤、イチローの存在がチームの命運を分ける大きなカギとなりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月17日(水)10時6分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]