ここから本文です

米鉄スクラップ、上期輸出12%減590万トン

日刊産業新聞 8月17日(水)12時15分配信

 米国の2016年上半期(1―6月)鉄スクラップ輸出量は、前年同月比12・3%減の590万757トンだった。年換算では約1180万トンと05年以降で最低水準にとどまる見通し。国内の鉄スクラップ需要が堅調に推移する一方で、輸出については依然として中国産ビレットとの価格競争が続くほか、アジア市場では日本の鉄スクラップ輸出と競合しており、主力のトルコ向けや韓国向けを中心とした東アジア向け鉄スクラップ輸出が軒並み減少した。

最終更新:8月17日(水)12時15分

日刊産業新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。