ここから本文です

大会最終日、18歳以下男女単複決勝の予定 [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8月17日(水)9時30分配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会最終日は9時40分から、靱会場で18歳以下の男女単複決勝が予定されている。

 全日本ジュニア18歳以下の部は、男女シングルス64ドロー、男女ダブルス32ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

<18歳以下>

【男子シングルス決勝】

1綿貫陽介(関東/グローバルプロTA)[1/WC] vs 48清水悠太(関西/西宮甲英高)[4]

------------------------

【女子シングルス決勝】

9荒川晴菜(関東/吉田記念テニス研修センター)[9] vs 48村松千裕(関東/吉田記念テニス研修センター)[3/WC]

------------------------

【男子ダブルス決勝】

1綿貫陽介/木元風哉(関東:グローバルプロTA)[1/WC] vs 24住澤大輔/野口莉央(関東:Val/湘南工科大学附高)[4]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

1小堀桃子/村松千裕(関東:U.T.PあたごTC/吉田記念テニス研修センター)[1/WC] vs 32宮本愛弓/内藤祐希(関東:ローズヒルTC/TEAM YONEZAWA)[2/WC]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月17日(水)9時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]