ここから本文です

EXILE世界、フリースタイルダンスバトル『STREET KINGS』で8位入賞

MusicVoice 8/17(水) 16:06配信

 フリースタイルのダンスバトル大会『STREET KINGS』が14日、東京・品川ステラボールで初開催され、女性ダンサーのYOSHIEが優勝した。大会には58人がエントリー。EXILEパフォーマーの世界、GENERATIONS from EXILE TRIBEパフォーマーの中務裕太も参戦した。ベスト8に入賞した世界は、参加者のダンススキルの高さに感銘を受けつつ、「日本のダンスシーンがまた盛り上がるきっかけになったと思います」とシーンの盛り上がりに期待を寄せた。

 今では学校な体育の授業にもダンスが採用されるほど認知されているストリートダンスだが、ストリートダンサーがそれだけを生業にしていくことは難しいという。『STREET KINGS』ではストリートダンスの認知を更に高め、シーン全体の底上げを図る目的で、その第1回を『STREET KINGS Vol.0』として開催。“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV」でも生中継された。

 今回は世界中から全58人のダンサーがエントリーし、その頂点を競った。この日の為に作られた170曲の様々なジャンルのオリジナル曲をDJがテンポの遅い曲1分、速い曲1分を交互にその場で選曲し、その音楽に合わせたパフォーマンスでバトルする。7人の審査員が、FOUNDAITION(基礎能力)2点、ORIGINALITY(個性)1点、DYNAMICS(難易度)1点、PERFECTION(完成度)1点、BATTLE(態度)1点、MUSICALITY(音楽性)1点の計7点、総合49点の中からより多くの点数を加点された者が勝利する形式で、観戦者が勝負の優劣を理解しやすいのも今大会の特徴である。

 なお、オリジナル曲は、音楽配信サービス「AWA」で8月中に独占先行配信される予定で、バトル当日の臨場感のある楽曲をスマートフォンやパソコンから楽しむことができる。

 GENERATIONS from EXILE TRIBEパフォーマーの中務裕太もエントリーしたが、惜しくも予選敗退。今大会のレベルの高さを物語った。一方のEXILE世界は予選を勝ち抜き、本戦トーナメントに進出。ベスト16のバトルでは、この日のためだけにドイツから来たというSidney(D.O.G’s FAM)を破り、ベスト8に進出。準々決勝でTAISUKEに敗れたが、賞金10万円を獲得した。この日の賞金総額は500万円で、優勝した女性ダンサーYOSHIEには優勝賞金250万円、準優勝したGUCCHONには賞金100万円が贈られた。YOSHIEは「めちゃめちゃ嬉しいです!!」と喜びを爆発させた。

 さらに2017年2月12日には、新木場STUDIO COASTで『STREET KINGS Vol.1』が開催されることが発表された。

 世界は「全部が決勝レベルのようで、すごく豪華なメンツが集まっています。日本のダンスシーンが再び盛り上がるきっかけになったと思います」と今大会を振り返った。いつも通りの調子だったと語る世界は「ダンスバトルは明日やれば、また優勝してる人も違うと思います。たぶん、みんないつも通りの調子だったと思います」と、どのバトルも白熱したものであったことを述べた。

 また、次回はベスト16までのダンサーにシード権が与えられており、世界はすでに本戦トーナメントへの切符を手にしている。「しっかり優勝できるように頑張ります」とすでに意気込みは十分の様子だった。

 ファンとこれからダンスを始める人に向けて世界は「もしかしたら『STREET KINGS』がきっかけで、初めてダンスやダンスバトルを見る方も多いと思います。バトル中は緊迫しているのですが、終わった後はピースですし、バトルでしか見えない景色もあると思います。もちろん結果はついてきますが、ダンスバトルを見て、少しでも皆様に興味を持って頂けたらと思います。色々な方が今大会を見てくれたと思いますので、すごく嬉しいです」と語り、これからストリートダンスシーンが益々盛り上がることに期待を寄せた。

 審査員を務めた、世界的ダンサーHIRO(ALMA)は今大会について「まだ初めてなんで、これをきっかけに沢山の人に知ってもらいたいと思う」とこれからのストリートダンスシーンの盛り上がりに寄与することに期待した。

 また、今回のバトルを見て「本当にダンスに魂込めてる人たちが出てくれて、ありがたかった。これから続けていけば彼らに夢を与えられる場になると思うし、見に来てくれる人たちのおかげで、僕らみたいなダンサーの生活がパフォーマンスだけでも成り立っていくようになると思う」と出場者と観客に感謝を述べた。

 さらに世界のダンスについては「すごい魂込もったダンスだったと思います。全力じゃないと勝てない相手ばかりだったと思うし、この面子でベスト8まで行けたのは凄いと思います」と評価した。

 最後に、次回の大会について「今回の経験を活かして、色々なところを試行錯誤して、楽しんでもらうようにしたい。是非実際に会場に足を運んで見に来てもらいたいと思います」と抱負を語った。(取材・松尾模糊)

最終更新:8/17(水) 16:06

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]