ここから本文です

韓国熱延輸出、3カ月ぶり増60万トン

日刊産業新聞 8/17(水) 12:16配信

 韓国の7月の貿易統計によると、熱延鋼板輸出は前月比1・0%増の59万8000トンと3カ月ぶりに増えた。米国向けが約3割増えた一方、インド向けが23%減るなどばらつきがあった。平均輸出単価は3・4%高いトン457ドル(4万6900円)と3カ月連続で上がった。輸入は7・0%減の43万5000トンと3カ月ぶりに減った。中国製が2ケタ減った。単価は4・1%高いトン432ドルと6カ月連続で上がった。1―7月実績では単価が輸出は16%、輸入が22%下がった。

最終更新:8/17(水) 12:16

日刊産業新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革