ここから本文です

【ブラジル】法学部生を逮捕 学生相手に麻薬密売

サンパウロ新聞 8/17(水) 6:48配信

 リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ市中心部の建物内で13日未明、麻薬売買の容疑で法学部の大学生2人が文民警察によって逮捕され、半合成の幻覚剤「LSD」の水溶液を染み込ませた紙片950枚(3800回分の摂取量に相当)、合成麻薬MDMA(通称エクスタシー)80錠、上質のマリフアナ2キログラムなどが押収された。伯メディアが同日付で伝えた。

 捕まった大学生2人は今年5月から警察の捜査対象となっていた。捜査責任者によると、この2人は、押収された麻薬を相場よりも割高な価格で大学生相手に売ろうとしていた。

サンパウロ新聞

最終更新:8/17(水) 6:48

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。