ここから本文です

マレー、ワウリンカがトップ2シード [シンシナティ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8/17(水) 12:11配信

 アメリカ・シンシナティで開催されている「ウェスタン&サザン・オープン」(8月15~21日/ATP1000/賞金総額436万2385ドル/ハードコート)。

杉田祐一が予選突破、3年ぶり出場の錦織は第5シード [ウェスタン&サザン・オープン]

 男女共催の今大会は、女子の世界1位、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が現地で欠場を発表したことにより、男女双方のドローで第1シードを失うことになった。男子の世界1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)もセレナと同様、リオ五輪で早期敗退を喫しているが、今大会は左手首の痛みを理由に棄権を決めた。前年度覇者のロジャー・フェデラー(スイス)は膝の手術後のリハビリにシーズンの残りを費やすことを決めており、戦線を離れている。

 ジョコビッチとフェデラーがいなくなった今、ドローはかなりオープンになり、世界4位のスタン・ワウリンカ(スイス)は背中の痛みの問題が再発しなければ優勝のチャンスを目にすることになるだろう。彼はその故障で五輪出場をとりやめた。

「リハビリのため、数日休みをとらなければならなかった」と31歳のワウリンカ。「8日間はまったくテニスをせず、先週の月曜日にプレーを始めたんだ」。
 
 ワウリンカにとってシンシナティでの最高成績は、2012年の準決勝進出だ。今季の彼は全仏オープンとトロントのロジャーズ・カップで準決勝に進出し、戦績は31勝11敗となっている。

 ワウリンカは練習の合い間にリオ五輪をテレビで見たと言った。

「現地に行けなくて残念だったけど、観戦のためにリオに飛ぶのは負担が大きすぎると思ったから」

 先の木曜日からワウリンカはシンシナティで練習を始めている。今大会は世界2位のマレーに次ぐ第2シードで、ラファエル・ナダル(スペイン)が第3シードとなる。ナダルは左手首の故障により全仏オープンを途中棄権して以来の大会だったリオ五輪で、準決勝に進出した。

 ワウリンカはシンシナティの準決勝で対戦する可能性のあるナダルについて、「彼が戻ってきたのを目にできてうれしい。あれ(リオ五輪)はハードコート上での彼の今季最高の大会だったと思う」と話している。

 1回戦がBYE(免除)のワウリンカは初戦となる2回戦で、ニコラス・アルマグロ(スペイン)を6-3 7-6(2)で下したワイルドカード(主催者推薦)のジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)と対戦する。

 1回戦ではまた、ノーシードのジュリアン・ベネトー(フランス)が第10シードのダビド・フェレール(スペイン)を6-4 2-6 6-4で下す番狂わせもすでに起きているあった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

     ◇   ◇   ◇

【上位シード選手】 ※[ ]数字はシード順位

アンディ・マレー(イギリス) [1]
スタン・ワウリンカ(スイス)[2]
ラファエル・ナダル(スペイン)[3]
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[4]
錦織圭(日本/日清食品)[5]
トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[6]
ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[7]
ドミニク・ティーム(オーストリア)[8]

Photo: MASON, OH - AUGUST 15: Stan Wawrinka of Switzerland speaks to the media during the first round on Day 3 of the Western & Southern Open at the Lindner Family Tennis Center on August 15, 2016 in Mason, Ohio. (Photo by Joe Robbins/Getty Images)

最終更新:8/17(水) 12:11

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]