ここから本文です

村松千裕 荒川晴菜下しU18シングルス優勝<女子テニス>

tennis365.net 8月17日(水)12時13分配信

ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権

ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権(大阪/大阪市、靱テニスセンター)は17日、18歳以下の女子シングルス決勝戦が行われ、第3シードの村松千裕(日本)(関東/吉田記念テニス研修センター)が第9シードの荒川晴菜(関東/吉田記念テニス研修センター)を6-3, 6-3のストレートで下し、見事優勝を飾った。

【錦織も優勝した全日本Jr】

決勝戦、村松は第1セットを先取するも、第2セットでは荒川に先にリードを許す展開に。しかし、その後挽回すると試合を主導権を握り、勝利を手にした。

村松は、準々決勝で第11シードの清水映里(関東/グリーンテニスプラザ) 、準決勝で第12シードの坂田季美佳(関東/山梨学院高)を下しての勝ち上がりで、今大会は1セットも落とさず優勝を果たした。

一方、敗れた荒川は第8シードの宮本愛弓(日本)(関東/ローズヒルTC)との準決勝で3時間20分にわたる熱戦を制し、決勝へ駒を進めていた。

現在世界で活躍している世界ランク7位の錦織圭(日本)は、2001年の全日本ジュニアテニス選手権12歳以下男子シングルスで優勝を飾っている。

また、18歳以下男子シングルスの歴代優勝者には、2006年に杉田祐一(日本)、2008年に守屋宏紀(日本)が優勝している。

tennis365.net

最終更新:8月17日(水)12時17分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]