ここから本文です

酒気帯び運転で駐車中の軽トラックに衝突 容疑の男逮捕/熊谷署

埼玉新聞 8/17(水) 22:11配信

 埼玉県の熊谷署は17日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、熊谷市の自称会社員の男を逮捕した。

 逮捕容疑は、16日午後11時45分ごろ、熊谷市宮本町の市道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。男が運転する車が電線の支線に接触し、駐車中の軽トラックに衝突。はずみで軽トラックが別の車に接触した。

 同署によると、男からは呼気1リットル当たり0・5ミリグラムのアルコールが検出された。

最終更新:8/17(水) 22:11

埼玉新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革