ここから本文です

三菱伸銅、いけす商業実証開始

日刊産業新聞 8月17日(水)12時19分配信

 三菱伸銅は16日、同社の漁網用銅合金線「UR30ST」を用いたいけすについて、ブリを対象とした大規模実証試験を行うと発表した。同社と豊田通商、チリ銅公社(コデルコ)傘下で養殖を手掛けるエコシー社の3社が連携して実施。藻類の付着防止効果などがある銅合金線の漁網用材料としての有用性を定量的に実証し、日本での沖合養殖用沈降型いけすの事業化につなげる。

最終更新:8月17日(水)12時19分

日刊産業新聞