ここから本文です

セレナ・ウイリアムズが現地で棄権 [シンシナティ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月17日(水)14時0分配信

 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は世界1位の座を失いかねないと知りつつ、アメリカ・シンシナティで開催されている「ウェスタン&サザン・オープン」(8月15~21日/WTAプレミア5/賞金総額280万4000ドル/ハードコート)を棄権した。

2大会連続の金メダルは遠く----セレナ・ウイリアムズ3回戦敗退 [リオ五輪]

 ディフェンディング・チャンピオンのセレナは当初、今大会がリオ五輪を終えたばかりの時期であることからスキップする道を選んでいた。しかし、五輪で早期敗退したことからプランが変わり、彼女は大会がオファーしたワイルドカード(主催者推薦枠)を受け入れ、月曜日にはシンシナティで練習も行っていたのである。

 ところが、その日のより遅い時間に、彼女は肩の炎症のため大会を棄権することに決めた。

「肩の炎症がなかなか引かない。でも、できるだけ早くコートに戻りたくてうずうずしているわ」と言った。

 セレナは合計すると306週目、連続すると183週、世界ランキング1位を保持している。これは186週連続でナンバーワンだったシュテフィ・グラフ(ドイツ)に次ぎ、WTA史上2番目に長い王座の維持期間だ。彼女は2002年7月から世界1位であり、34歳の今、1975年にコンピューター・ランキング・システムが導入されて以来、1位につけた最年長の女性でもある。

 セレナ不在の今大会で世界2位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が優勝すれば、彼女はセレナから1位の座を奪うことになる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 09: Serena Williams of the United States reacts during a Women's Singles Third Round match against Elina Svitolina of Ukraine on Day 4 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 9, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

最終更新:8月17日(水)14時0分

THE TENNIS DAILY