ここから本文です

ケルバー、世界1位の座を狙う [シンシナティ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月17日(水)16時1分配信

 アメリカ・シンシナティで開催されている「ウェスタン&サザン・オープン」(8月15~21日/WTAプレミア5/賞金総額280万4000ドル/ハードコート)。

セレナ・ウイリアムズが現地で棄権 [ウェスタン&サザン・オープン]

 アンジェリック・ケルバー(ドイツ)にとって今週は、重要な週になるかもしれない。彼女は今大会の結果次第で、WTA世界ランキングで1位になるチャンスを擁しているのだ。

 ケルバーがやらなければならないのは、優勝することだけである。彼女のシンシナティでの最高成績は、2012年大会の準優勝だ。

 現在、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に次ぐ世界2位のケルバーは、「まだまだ長い道のりが待っているわ。それについては、今は考えていない。月曜日に(1位の可能性について)誰かに言われたけど、聞かないようにしているの」と言いはしたが、世界1位が夢であることは隠さなかった。

「誰もがナンバーワンを夢見るものよ。そうなったら素晴らしいこと。そのゴールに至るためなら何でも捧げるわ」

 2013年2月にビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が一時、1位になったことがあったが、近年のほとんどで1位の座はセレナのものだった。ケルバーの1位への道は、現在183週連続で1位の座を維持しているセレナが肩の故障のため月曜日に今大会の欠場を決めたあと、より容易になった。

 世界ランキング1位になることは、ケルバーにとってすでに魔法のようだった今年をよりいっそう輝かせるだろう。彼女は今年、全豪オープンでの優勝に始まって、最終的にセレナに敗れたとはいえウィンブルドンでも決勝に進出し、そのあとリオ五輪で銀メダルを獲得した。

「先週は特別な週だったわ」と言って、ケルバーはリオ五輪を振り返った。「多くの経験を積んだわ。雰囲気は普通のトーナメントとは違っていた。素晴らしい週を過ごし、メダルを勝ち獲った。それが私のゴールだったの」。

 第2シードのケルバーは月曜日にシンシナティに到着し、火曜日には練習を行った。1回戦はBYE(免除)で、2回戦ではカテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ)対クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)の予選突破同士の勝者と対戦する。

 ケルバーは、五輪のスケジュールが非常にきつかったにも関わらず、準備はできていると言った。

「多くの試合があったわ、毎日毎日」とケルバー。「少し疲れを感じてはいるわ。こことリオでは違うけど、でもフィーリングはいい。ただコートに慣れるために1日か2日、必要なだけよ。気分はいいの。明日には準備はできていると思うわ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MASON, OH - AUGUST 16: Angelique Kerber of Germany hands out autograph cards on day 4 of the Western & Southern Open at the Lindner Family Tennis Center on August 16, 2016 in Mason, Ohio. (Photo by Andy Lyons/Getty Images)

最終更新:8月17日(水)16時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。