ここから本文です

【MLB】前田健太、自身4連勝の12勝目 6回9K2失点の好投でチームを勝利に牽引

Full-Count 8月17日(水)11時39分配信

7月17日ダイヤモンドバックス戦以来負けなしの4連勝

 16日(日本時間17日)に敵地でのフィリーズ戦に先発したドジャース前田健太投手は、6回3安打9奪三振1四球2失点(自責2)の好投で今季12勝目(7敗)を挙げた。失点はいずれもソロ弾によるもの。テンポよく三振を重ねる好投で、チームを15-5の大勝に導いた。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 初回から快調に飛ばした。先頭ヘルナンデスを3球で見逃し三振とすると、この回は3者凡退。2回も見逃し三振とレフトフライで簡単に2死を奪ったが、続くラップに初球カーブをセンターへ先制ソロ弾とされた。だが、この日の前田は崩れなかった。
 
 3回は2死からヘルナンデスに四球を与えるも、捕手グランダルが二盗を刺して無失点。フォーシームで攻めながらスライダーとチェンジアップでバットを振らせるリズムある投球で、4回も3者凡退に仕留めた。

 すると、マウンド上で好投する右腕に打線が呼応した。5回にケンドリックとアットリーの本塁打で3点を奪い、逆転に成功。6回にも女房約グランダルの2ランで2点を加え、前田に4点のリードを与えた。

 6回のマウンドに戻った前田は、1死からヘルナンデスに4球目フォーシームを右中間へのソロ弾とされたが、後続をしっかり抑えて最少失点に止めた。

 なおも勢いが止まらない打線は、7回にアットリーの満塁弾などで8点を追加。すでに93球(61ストライク)に達していた前田は、6回を投げて3安打2失点で降板した。

 前田は7月17日ダイヤモンドバックス戦以来、負けなしの4連勝。西地区首位ジャイアンツを0.5ゲーム差で追うチームは、貴重な勝利で追走状態を保った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月17日(水)11時39分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]