ここから本文です

なんじゃこりゃあああ! シベリアで発見されたミイラが謎のクリーチャーにしか見えない

ギズモード・ジャパン 8月17日(水)22時10分配信

こ、怖い…。

今週、ロシア連邦にあるサハ共和国の都市、ウダーチヌイのダイヤモンド鉱山で発掘されたのはダイヤの原石ではなく、謎のクリーチャー感のあるミイラでした。得体のしれない姿かたちに想像力をかきたてられますが、その正体はまだハッキリとしていません。

The Siberian Timesによれば、ダイヤモンドが豊富に存在する地層の砂は、恐竜が栄えた三畳紀初期から白亜紀にかけて堆積したことから、発掘した鉱夫たちは「未知の恐竜なんじゃないか」と推測しています。 

このミイラの正体について、専門家たちは小さい熊に似ているため、クズリやクロテン、あるいはテンのような珍しくもない動物ではないかと語っています。しかし、まだ結論は出ていないのですから、新種の恐竜なのか? それとも謎の生命体? はたまた差し迫るアポカリプスの前兆となる悪魔の赤子なのか? おそロシアなだけに、その正体について色々と妄想がはかどりそうです。

image: Siberian Times
source: Siberian Times
Maddie Stone - Gizmodo US

最終更新:8月17日(水)22時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]