ここから本文です

綿貫陽介と村松千裕が優勝 [全日本ジュニアテニスU18]

THE TENNIS DAILY 8月17日(水)16時30分配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会最終日は、靱会場で18歳以下男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第1シードの綿貫陽介(関東/グローバルプロTA)が第4シードの清水悠太(関西/西宮甲英高)を6-3 6-3で、女子シングルス決勝は第3シードの村松千裕(関東/吉田記念テニス研修センター)が第9シードの荒川晴菜(関東/吉田記念テニス研修センター)を6-3 6-3で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第4シードの住澤大輔/野口莉央(関東:Val/湘南工科大学附高)が第1シードの綿貫/木元風哉(関東:グローバルプロTA)を6-3 5-7 [10-7]で、トップ2シードの対戦となった女子ダブルス決勝は第2シードの宮本愛弓/内藤祐希(関東:ローズヒルTC/TEAM YONEZAWA)が第1シードの小堀桃子裕(関東:U.T.PあたごTC)/村松を6-4 7-5で倒してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

<18歳以下>

【男子シングルス決勝】

○1綿貫陽介(関東/グローバルプロTA)[1/WC] 6-3 6-3 ●48清水悠太(関西/西宮甲英高)[4]

------------------------

【女子シングルス決勝】

○48村松千裕(関東/吉田記念テニス研修センター)[3/WC] 6-3 6-3 ●9荒川晴菜(関東/吉田記念テニス研修センター)[9]

------------------------

【男子ダブルス決勝】

○24住澤大輔/野口莉央(関東:Val/湘南工科大学附高)[4] 6-3 5-7 [10-7] ●1綿貫陽介/木元風哉(関東:グローバルプロTA)[1/WC]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○32宮本愛弓/内藤祐希(関東:ローズヒルTC/TEAM YONEZAWA)[2/WC] 6-4 7-5 ●1小堀桃子/村松千裕(関東:U.T.PあたごTC/吉田記念テニス研修センター)[1/WC]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月17日(水)16時30分

THE TENNIS DAILY