ここから本文です

台風7号 北海道の襟裳岬付近に上陸 北海道に直接上陸は23年ぶり

ウェザーマップ 8月17日(水)17時23分配信

 気象庁の観測によると、台風7号は17日午後5時半ごろ、北海道の襟裳岬付近に上陸した。今年、日本列島に台風が上陸するのは初めてとなる。また、九州や四国、本州に上陸せず、北海道に直接上陸となるのは、1993年の台風11号以来、23年ぶり。

 台風は18日朝までには、オホーツク海で温帯低気圧となる見込みだが、北日本は18日にかけても海上を中心に猛烈な風が吹き、海は大しけとなる。暴風や、うねりを伴った高波に警戒が必要だ。
 
 また、北海道太平洋側は17日夜は局地的に猛烈な雨が降り、18日にかけても雨雲の発達しやすい状態が続く見込み。引き続き、大雨による低地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫、高潮による浸水に警戒が必要となる。

最終更新:8月17日(水)18時2分

ウェザーマップ