ここから本文です

19日からパ首位決戦、1差で追う日本ハムは大谷翔平を野手起用

Full-Count 8月17日(水)12時1分配信

“投手”大谷翔平、当面はブルペンでのフォーム調整がメーン

 日本ハムの栗山英樹監督が17日、19日からのソフトバンクとの天王山(札幌ドーム)で大谷翔平投手を野手として起用する方針を示した。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 大谷は7月10日のロッテ戦(札幌ドーム)での投球中に右手中指のマメをつぶした。同24日のオリックス戦(札幌ドーム)で中継ぎ調整したが、投球フォームは安定せず。24日以降はブルペンでの投球練習で投球フォームの修正に取り組んでいる。

 栗山監督「投手がダメだったら、野手で使う。このままの感じだったら、もう少しフォーム固めをした方がいいのかもしれないな」

 栗山監督は14日にブルペンでの投球練習を視察。「ブルペンでの球は強かった」と振り返ったが、それと同時に193センチと体の大きな剛腕ならでは、の“問題”があるという。

19日からのソフトバンクとの天王山は野手起用

 栗山監督「余計にちゃんと(したフォームで)投げられるようにならないと。(体の)出力が高くなければ、多少フォームが崩れても投げても大丈夫。(大谷の場合は)そういうワケにはいかない。(本来の状態に)戻らなくなってしまうから。せっかく投げるだったら、短く投げるのではなく、野手で出た方がいい」

 しばらく大谷の投球はブルペンでのフォーム調整がメーンとなりそうだ。それでも、今季の対ソフトバンク戦は打率.423、8本塁打、13打点。対戦相手別に見る打撃成績は、いずれも最高の数字を残している。

 16日のオリックス戦(札幌ドーム)では8回無死二塁で四球を選んで逆転勝ちに貢献。最大11.5あったゲーム差は1に縮まった。19日からのホークスとの天王山。大谷翔平がどんな打撃を見せるか注目だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月17日(水)12時1分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]