ここから本文です

【高校野球】作新学院が花咲徳栄を下し8強 エース今井が今大会最速152キロで10K完投

Full-Count 8月17日(水)12時55分配信

花咲徳栄はエース左腕の高橋昂を4回から投入も追いつけず

 第98回夏の甲子園大会11日目の第2試合は作新学院(栃木)が花咲徳栄(埼玉)を6-2で破り、8強進出を決めた。プロ注目の作新学院・今井は6安打2失点10奪三振の好投。同じくドラフト候補の花咲徳栄・左腕の高橋昂は3番手で登板し好投したが、登板前までの失点が大きかった。

21世紀の甲子園優勝校

 まずは作新学院の今井が魅せた。初回のマウンド。1死から2番・高橋哉の打席で今大会最速の152キロをマーク。直球を中心に花咲徳栄打線を3回まで抑えた。

 一方、花咲徳栄の先発はエース高橋昂ではなく、2年生の綱脇。綱脇は2回、投手の今井にタイムリー、2番の山ノ井には2点タイムリーを許すと、続く3番入江に左中間へ2ランを浴びた。直後に、2番手の清水がマウンドへ上がり後続を断ったが、5点を追う展開となった。

 流れを引き寄せたい花咲徳栄は、4回に6番山本の適時打で1点を返した。すると、その裏から花咲徳栄の岩井監督はエース高橋昂をマウンドに送る。ここから左腕は打たせて取る安定感ある投球を見せ、今井との投げ合いを展開した。

 作新学院の今井は8回にもソロ弾で1点を失ったが、見事完投勝利を収めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月17日(水)15時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]