ここから本文です

【高校野球】横浜・藤平 履正社・寺島 花咲徳栄・高橋昂 “高校BIG3”すべて姿消す

Full-Count 8月17日(水)13時8分配信

敗れた試合は3人とも先発せずにリリーフ登板

 夏の甲子園大会11日目の第2試合で花咲徳栄(埼玉)が作新学院(栃木)に敗れた。プロ注目左腕・高橋昂の夏が終わった。試合途中のリリーフだったが5イニング1失点。打たせて取る粘りの投球、要所で三振を奪う投球が光った。

2016年の優勝校は…21世紀の春・夏の甲子園優勝校

 開幕前から好投手が多いとして注目された本大会。横浜の150キロ右腕・藤平尚真、149キロのドラフト1位候補左腕・履正社(大阪)の寺島成輝を含めて“高校BIG3”とされていたが、横浜は2回戦で履正社に敗れ、その履正社は3回戦で常総学院(茨城)に敗退。プロ注目の3投手ともにベスト8に届かなかった。

 3人は揃って敗れた試合では先発せず、リリーフ登板でのマウンドとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月17日(水)19時33分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。